このページでは、物忘れ対策のDHAサプリについて、ランキング形式で紹介しています。

  • 「記憶力が落ちてきた」
  • 「脳を活性化させるものを探している」

といった方の参考になれば幸いです。

物忘れにDHAサプリランキング



記憶力に自信がなくなってきたら、すぐに対策を!


あなたは自分の記憶力が落ちてきたと感じていませんか?

例えばこんな風に。。。

  • 人の名前がすぐに思い出せなくなってきた
  • 人の名前と顔が一致しなくなってきた
  • 物の名前がすぐに出てこなくなった
  • 昨日何を食べたのかすぐに思い出せなくなってきた
  • 何かを取りにいったのに、何を取りに行こうとしていたのか忘れてしまう時がある
  • 物を片付けた場所を忘れてしまった

こういった物忘れを感じることが多くなってきたら、すぐにでも対策を立てていきましょう。

脳を鍛えるために読書をしたり、物を書いたり、将棋や囲碁、オセロなどのゲームを使って脳トレをするのも良いですね。

また、体を動かすこともとても大切です。

お散歩をしたり、ジョギングをしたり、柔軟体操をしたりと簡単な運動を取り入れるとかね。

また、食生活の改善も脳を鍛えるためにはとても大事な要素になります。

こういった毎日の生活の改善をして、対策を立てていくようにしましょう。

脳に大切なオメガ3脂肪酸とは?

脳を鍛えるためにはオメガ3脂肪酸という要素がとても大切になってきます。

オメガ3脂肪酸(DHA・EPA・αリノレン酸)の、DHA(ドコサヘキサエン酸)は脳の働きを活性化する働きや脳の老化を防ぐ働きがあるといわれています。

また、EPA(エイコサペンタエン酸)は血のめぐりをサラサラにしてくれる働きがあるといわれています。

αリノレン酸は摂取された後、DHAやEPAに変換されるので、DHA・EPAと同じ効果が期待できます。

オメガ3脂肪酸は脳の衰えを防いでくれたり、記憶力アップなどにとても良い働きをしてくれます。

また、オメガ3脂肪酸は脂肪になりにくいといわれているので、ダイエットにも良い影響を与えてくれるともいわれています。

脳を鍛えるため、ダイエットや健康にもオメガ3脂肪酸はとても良い影響を与えてくれるものなので、出来るだけ積極的に摂取したい栄養素の一つです。

オメガ3脂肪酸が不足することで心配なのは?

オメガ3脂肪酸(DHA・EPA・αリノレン酸)のDHA(ドコサヘキサエン酸)は脳の働きを活性化してくれるということがわかりました。

そのためDHAが不足してしまうことによって、脳の働きがを鈍くさせてしまう恐れがあるのです。

結果、物忘れや記憶力の衰えにつながってしまうこともあるので、やはり意識的にオメガ3脂肪酸を取り入れていかなければなりません。

また、物忘れや記憶力の衰え以外にも、オメガ3脂肪酸は不足することで引き起こされる恐れのある病気や症状は他にもあります。

例えば、高血圧になりやすくなったり、動脈硬化が進行する恐れ、心筋梗塞や脳梗塞、視力低下をを引き起こす原因となることもあるそうです。

オメガ3脂肪酸不足は脳に与える影響ももちろんですが、命に係わる重大な病気を引き起こす恐れがあるといわれてます。

オメガ3脂肪酸が不足することは私たちの体、健康にとても大きな影響を与えることになるので、繰り返しにはなりますが意識的に摂取していくことがとても大切です。

オメガ3脂肪酸を多く含む食べ物は?

頭のためにも体のためにも積極的に摂りたいオメガ3脂肪酸ですが、それではオメガ3脂肪酸はどのような食品に多く含まれているのでしょうか?


オメガ3脂肪酸を食品から摂取する場合、αリノレン酸はエゴマや亜麻種子などに多く含まれています。

また、くるみにもかなりたくさんのαリノレン酸が含まれていて、こういった食品を積極的に摂取することがとても大切になってきます。

DHAやEPAは青魚にたくさん含まれています。


例えばイワシやサバ、サンマやアジなどに多く含まれているので、DHAやEPAを摂取したいなら青魚は絶対に欠かすことが出来ません。

また、青魚以外だとサケやウナギなどにも多く含まれています。

オメガ3脂肪酸を摂取するには、上記にあげた食品を積極的に摂取する必要があります。

近年は食生活が多様化したことにより、インスタント食品やファーストフードなど食べる機会も増え、こういった3脂肪酸を多く含む食品を食べる機会が少ない人も多いのではないでしょうか。

そのため、意識的にこういった食品を普段の食生活の中に取り入れていくことがとても大切になってきます。

食事とサプリ、ダブルで脳活を!

厚生労働省が推奨している1日あたりのオメガ3脂肪酸の摂取量は1000mg以上です。

この摂取量はイワシの焼き魚だと1匹ほど食べるのと同じくらいなので、これを毎日取り続けていくのはなかなか大変なことだということがわかります。

一日に必要なオメガ3脂肪酸の摂取量は食事だけではなかなか補うことが出来ないのが現状です。

また、毎日青魚を摂取しようとしても魚が苦手だったり、調理する手間を考えると毎日の調理はなかなか難しいという人もいるのではないでしょうか。

そういった場合はDHA・EPAサプリを使って、サポートするというのも一つの手段です。

サプリメントは補助的なものなので、普段の食生活のプラスアルファとして活用しましょう。

また、DHA・EPAサプリは目安量を守って使用するようにしましょう。

過剰に摂取すると副作用が起きることがあるそうなので、たくさん摂り過ぎてはいけません。

また、DHA・EPAサプリを摂取する際に、アレルギーのある方、薬を普段から飲んでいる方は摂取しても良いか医師に相談するようにしましょう。

DHAサプリの選び方は?

オメガ3脂肪酸(DHA・EPA・αリノレン酸)が私たちの体にとても良い影響を与えるということが浸透してきた今、各メーカーからたくさんのDHAサプリが販売されるようになってきました。

数多くのサプリがあるので、どういった点に注目しながら購入したら良いかポイントについて挙げてみたいと思います。

DHA・EPAの配合量についてはやはり注目しておきたいポイントです。

厚生労働省が推奨している摂取量1日あたりのオメガ3摂取量は上記でも挙げたように1000mg以上です。

普段の食事からもオメガ3脂肪酸を摂取することを考えると、400mgは摂取できるサプリメントを選んでおくと良いのではないでしょうか。

また、継続して摂取することを考えると品質検査についてもきちんとチェックしておきたいですね。

その他、原材料に関すること、コストパフォーマンス、粒数、定期コースの内容(回数のしばりや価格、中止変更など)など色々な面で比較して検討していくことをおすすめします。

物忘れにDHAサプリランキング 私のイチオシは【きなり】

ここまで、物忘れ対策におすすめのDHAサプリについていくつか紹介してきましたが、私のおススメはやっぱり「きなり」です。

きなりは、開発するにあたって次の5点に気を付けて作られたそうです。

  1. DHAそのものの「量」が多いこと
  2. 「体に摂り入れやすい」成分であること
  3. 「酸化させずに」カラダへ届けること
  4. 魚臭さをなくして「飲みやすい」こと
  5. より自然な効果を引き出す「素材」を選ぶこと

以上の条件を満たすものにたどりついたところ、それが日本食だったわけですね。

きなりには、日本食に欠かせない「魚」のDHA・EPAと「納豆」のナットウキナーゼといった、それぞれ体に良い栄養素がギュッと詰まっています。

一日あたりのDHA・EPA・DPAの含有量が510㎎と、しっかり配合してあるので安心して摂取出来ますね。

ちなみに、きなりは「生成り」と綴ります。

販売元である「さくらの森」の社員の一人が、自分の父親がこのサプリで健康になってほしいと願って名付けたものだそうです。

自社の身内にまず勧めたいサプリということで、その品質や効能には期待が出来ますね。

きなりは、今だけ限定で送料無料の半額キャンペーンを行っていますし、とりあえずお試し感覚で始めてみるのもいいんじゃないでしょうか。それに、初月から、定期コースを解約することが出来ますしね

もしもの場合でも、返金保証システムがあるので安心です。

成分、含有量、品質、購入しやすさなど、総合的に判断して、私のイチオシは「きなり」です。

更新日:

Copyright© 物忘れにDHAサプリ【いま話題の記憶力アップサプリメントまとめ】 , 2018 All Rights Reserved.